News&Topics

「外壁診断」と「定期報告制度」

○外壁診断の必要性増大の背景

多発する外壁タイル・外壁モルタル等の落下に伴う死傷事故が増えてきたことに伴い、内容を見直し、平成20年4月1日から、定期報告制度が変わりました。

○建築基準法第12条の改正  定期報告制度の義務化

平成20年4月1日に施行され、「注意喚起」から「定期点検の義務化」となりました。

手の届く範囲の打診と目視により調査し異常があれば、全面打診等(赤外線)により調査し、違反者は罰金100万円以下という内容の罰則となります。

○外壁診断のマニュアル

多発する外壁落下事故等から「剥落による災害防止のためのタイル外壁、モルタル塗り外壁診断指針」(平成2年・建設省住宅局建築技術審査委員会)が制定され、

さらにそれらに基づいた「タイル外壁及びモルタル塗り外壁定期的診断マニュアル第3版」

(平成21年(社)建築設備維持保全推進協会」により適正な外壁診断を行うための実務上のマニュアルが示されました。

建視朗について

三次元赤外線 外壁診断支援ソフト建視朗のご紹介。

建視朗について

特殊建築物の所有者・管理者の方へ

平成20年4月1日に建築基準法第12条に基づく 「定期報告制度」が改正されました。

>>>詳しくはこちら
特殊建築物所有者・管理者の方へ

実績施工事例の紹介

福島県内を中心に、外壁診断を実施しております。

実績施工事例のご紹介

費用削減の最適な方法をご提案

かかる費用を明確に提示し、 ご納得いただける方法を提示いたします。

費用削減の最適な方法をご提案